口コミで選ぶ
敏感肌におすすめの化粧品

人気ランキング

どうすれば敏感肌が改善するの?

敏感肌の原因はお肌の最も外側にある角質層に含まれる3つの保湿成分(細胞間脂質・NMF・皮脂膜成分)が減少したからです。 だから細胞間脂質成分・NMF成分・皮脂膜成分を補ってあげることが大切です。

  • 細胞間脂質成分・NMF成分・皮脂膜成分って何?

    細胞間脂質成分
    細胞間脂質成分とはセラミドのことです。よく敏感肌用化粧品や、乾燥肌用化粧品に配合されている保湿成分です。この細胞間脂質成分(セラミド)は角質層の保湿力の実に80%を占める最も大切な保湿成分です。
    NMF成分
    NMF成分とはアミノ酸のことです。NMF(アミノ酸)は角質層内の細胞内に存在し、水分を吸着し、角質層内の水分量を保つ役割を果たしています。角質層内の保湿力の18%を担当しています。
    皮脂膜
    皮脂膜とは皮脂(脂分)と汗(水分)が混ざり合い天然のクリームのような存在です。しかしこの皮脂膜は角質層内の保湿力の2%しか影響がありません。2%だから影響がないということではありませんが、適切に油分と水分を補給するだけでは敏感肌や乾燥肌の大きな改善にはつながらないということです。
  • どうして3つの保湿成分が減少するの?

    敏感肌の原因は角質層に含まれる3つの保湿成分(細胞間脂質・NMF・皮脂膜成分)が減少することが原因ですが、なぜこれら3つの保湿成分は減少してしまうのでしょうか?

    • 間違ったスキンケア
    • 不規則な生活習慣
    • ホルモンバランスの乱れ

    などが挙げられます。睡眠不足によるホルモンバランスの乱れや偏った食事、冬場の暖房や夏場のクーラーによる乾燥などがありますが、最も多い原因は間違ったスキンケアです。洗浄力の強い洗顔料や、クレンジングの使用。乳化剤を大量に使っている化粧品を使用している。スキンケアをするときにお肌をこすって刺激を与えてしまっていることなど知らないうちに自分で敏感肌・乾燥肌の原因を作っていることが多いんです。
    ですから正しいスキンケアで3つの保湿成分をしっかり補ってあげることが大切なんです。

敏感肌向け化粧品ランキング