口コミで選ぶ
敏感肌におすすめの化粧品

人気ランキング

敏感肌におすすめのクレンジング

クレンジングは顔を清潔な状態にするための化粧品です。クレンジングをしても、汚れが完全に落とせていないとその後化粧水を塗ってもうまく浸透しません。特に敏感肌にとっては、肌への刺激が少ないより良い素材のものを選ぶ必要があります。
ここでは、どのクレンジングがおすすめなのかシンプルにまとめていきます。お好みに合わせて探してみてください。

  • プラケアEQクレンジング

    プラケアEQクレンジングは石油系合成界面活性剤不使用のゲルタイプの敏感肌用クレンジングです。敏感肌の方にもメイクから角質の汚れまでを安心して洗浄できる化粧品です。馬プラセンタと12種類の植物エキスが配合されているので、優しく洗浄するだけでなく、同時に保湿成分も補給することができます。クレンジング後に使用する化粧水や乳液などの成分の浸透性を高めるクレンジングとして話題を集めています。

  • ビューティオイルクレンザーa

    ビューティオイルクレンザーaは敏感肌用のクレンジングでオイルタイプでありながら、サラサラとした感触なのが特徴です。添加物が少なく、和漢植物によって肌に適度な保湿を与えてくれます。毛穴汚れや黒ずみが気になる方は、集中的にクレンジングするようにすると、取れやすくなるそうです。メイク以外に毛穴汚れが気になる方におすすめです。

  • スキンアップ リキッドクレンズ

    スキンアップ リキッドクレンズは、水のようになじみやすいのが特徴です。短時間で洗い流せるための特殊な成分を配合しており、ウォータープルーフといった落ちにくいタイプの化粧品でも1分半ほどで洗い落とすことができます。成分は敏感肌でも使える安心な素材ばかりです。保湿とクレンジングの即効性を求めたい方におすすめです。

  • ディープクレンジングオイル

    ディープクレンジングオイルはアルコールや着色料が配合されていない、シンプルな成分で作られたクレンジングです。刺激が少ないため、敏感肌の方でも荒れにくいとされています。安全性だけでなく洗い落としの効果も高く、初めて使用する方におすすめできる化粧品です。化粧水も併せて使うことで、保湿しながら汚れを落とせます。

敏感肌とクレンジングの関係性

「敏感肌」とは、目に見える皮膚トラブルがなくても、クレンジングや洗顔をしたあとに肌がつっぱる感じがしたり、顔に化粧水や化粧水などを塗ったあとに、チクチクしたりヒリヒリしたりするといった肌の状態のことをいいます。
見た目には分かりませんが、敏感肌の多くは、健康な肌に比べて、バリア機能が低下しており、皮脂や肌の水分が少なく乾燥している傾向にあります。これらの原因は、体調の変化やストレスなどの内的要因と冷暖房や気温・湿度の変化などの外的要因があります。
バリア機能が低下した敏感肌の方に大切なのは、次の3つです。

①肌を清潔に保つこと(洗浄)
②十分にうるおいを与えること(保湿)
③紫外線を防ぐこと(遮光)

メイクアップをした日は、敏感肌の方は特にクレンジングがとても大切です。クレンジングをから見直して、肌の悩みを解決しましょう!

敏感肌にも使えるクレンジングとは

肌が敏感に感じやすいといっても、人それぞれ敏感の程度やもともとの肌質は異なります。大切なのは、不要なメイク汚れをしっかりと落とすことです。敏感肌だからコレ!という観点ではなく、自分のメイクの濃さによって、適切なものを選びましょう。またこれからの季節に日焼け止めのを使う方も多くいらっしゃるかと思いますが、汗にも落ちにくいタイプの日焼け止めは、その名の通り、洗顔料だけでは落ちにくいので、しっかりとクレンジングで落とすことが大切です。
洗浄力の強いオイルタイプのクレンジングを使うと肌に負担をかけてしまうからといって、洗浄力の弱いクリームやミルクタイプのクレンジングを使い、メイクや皮脂汚れが肌に残ったままの状態にしてしまうと、かえってそれが肌にとって大きな負担となり、肌をさらに敏感にしやすくしてしまう可能性もあります。その他にも、肌荒れや毛穴の詰まりにより、ニキビの原因にもなってしまう可能性があるため、しっかりとメイクや日焼け止めをオフすることは大切なのです。
普段ばっちりメイクをしている方は、洗浄力の高い「オイル」や「リキッド」タイプのクレンジングを使うのがおすすめです。その分肌へのダメージは他のものよりもありますが、洗浄力が高いため、しっかりとメイク汚れをオフすることができます。そのため、洗ったあとはさっぱりとして心地良いです。しかし、やはり肌へのダメージが不安。だけどしっかり落としたいという場合は、代わりにオリーブオイルやホホバオイルを使用することもおすすめです。しかし、オイルが肌に残ってしまうことで、ニキビや他の肌トラブルを招くこともあるので注意が必要です。
普段薄いメイクをしている方は、肌に刺激が少ない「クリーム」や「ミルク」タイプもしくは洗顔石鹸を使うのもおすすめです。肌への刺激が少ないため、敏感肌や乾燥肌の方には、安心して使用して頂けます。しかし、これらのタイプのクレンジングは、洗浄力がそれほど高くないため、マスカラやリップなどの落ちにくいメイクは、先に専用リムーバーで落としましょう。目元や口元の皮膚は薄く敏感ですが、専用リムーバーを使うことで肌への刺激も少なくすみます。また、最近はジェルタイプも人気です。このタイプは、しっかりとメイクを落とすことができますが、オイルフリーのものが多いため、肌に刺激が少ないので、敏感肌や乾燥肌の悩みがある方も使うと良いでしょう。

馬プラセンタの魅力

プラセンタは、女性のみなさまには馴染みのある言葉だと思います。プラセンタというとブタプラセンタというイメージが強いかもしれませんが、この「馬プラセンタ」はとても優秀なものなのです!馬プラセンタは、豚プラセンタに次いで広く使われているプラセンタで、高級なプラセンタサプリメントには、馬プラセンタが使われていることが多いようです。
そもそもプラセンタの美肌効果は主にアミノ酸に由来するものですが、馬プラセンタは他のプラセンタの約300倍ものアミノ酸が含まれているのです。これが馬プラセンタの人気の理由です。さらに豚プラセンタにはない種類のアミノ酸が6種類も含まれているのも魅力的です。
しかし、あまり馬プラセンタが普及していないのは、豚プラセンタのように大量生産することができないため、高価だからです。

敏感肌向け化粧品ランキング