口コミで選ぶ
敏感肌におすすめの化粧品

人気ランキング

化粧水の使用はコットン派?素手派?

肌の保湿やケアの基本として使用される化粧水ですが、その使用方法を間違えると化粧水の効果が十分に発揮されない場合があります。化粧水の美容成分を肌に浸透させるのに必要なパッティングという工程があります。コットンに化粧水を浸透させてパッティングを行う人と手の平でパッティングを行う人がいると思いますが、実際はどちらの方が良いのでしょうか?

  • コットンで行うパッティング

    コットン派

    少し塗らしたコットンに上に化粧水を適量のせます(一般的に推奨される量は10円玉程度)。
    化粧水をふくませたコットンを肌に置くようなイメージで内側から外側に向かってやさしくのばしていきます。このときにあまり強くコットンを肌にこすり付けてしまうと肌とコットンが摩擦を起こし、肌にダメージを与える原因となってしまうので注意しましょう。

    コットンでパッティングを行うメリット

    コットンでパッティングを行うと手のひらでパッティングを行うよりも、まんべんなく化粧水を顔に広げることが可能です。コットンには凹凸がないため手のひらでパッティングを行うよりも鼻や目元などの細かい部分にも残さず化粧水をつけることができます。
    さらに化粧水を無駄なく使うことができるのもコットンでのパッティングを行う際のメリットです。手のひらで行う場合は化粧水がこぼれてしまうことがありますがコットンでパッティングを行う場合はその心配がありません。

    コットンでパッティングを行う際の注意点

    コットンでパッティングを行う際はコットンが毛羽立たないようにする必要があります。あまり安いコットンを使用してパッティング行うと、コットンが毛羽立って摩擦がおきたり、コットンの繊維が肌に残ったりしてしまうことがあります。コットンが毛羽立たない程度にやさしくパッティングを行うことを心がけましょう。

  • 手のひらで行うパッティング

    素手の女性

    化粧水を肌にのせる前に手をしっかりと洗いましょう。手のひら全体に化粧水を広げたら、顔を包むようにして化粧水をのせます。この時パタパタと顔をたたくと化粧水が浸透しやすいのではないかと勘違いしている方もいますが、この行為は肌に負担になってしまうのでやってはいけません。パッティング後に顔がほんのり赤くなっているという人はパッティングの力が強すぎて毛細血管を傷つけている可能性があります。肌へのダメージをおさえるためにもやさしく顔を包むイメージでパッティングを行いましょう。
    全体に化粧水を乗せたら少し化粧水を追加し、鼻や目元などの細かいところにも化粧水をのせていきましょう。

    手のひらで行うパッティングのメリット

    手のひらでパッティングを行うのとコットンでパッティングを行うのとでは、手のひらでパッティングを行う方が肌への負担は少ないです。
    さらに手のひらでパッティングを行うと手で自分の肌に直接触れるわけですから乾燥している、少しざらついている、など状態がわかりやすいです。
    手のひらで化粧水が人肌に温まり、美容成分が肌に浸透しやすくなるというメリットもあります。

    手のひらでパッティングを行う際の注意点

    コットンでパッティングを行うのに比べると手のひらでのパッティングは雑菌がつきやすいと言われています。さらに手のひらでパッティングを行うと化粧水の広がり方にもムラができやすいです。鼻周りや目元などの凹凸がある部分はやはりコットンでのパッティングのほうがまんべんなく化粧水を広げることができます。

  • 敏感肌の人は正しいパッティング方法で肌ケア

    素手派

    コットンでのパッティングと手のひらでのパッティング、どちらかが正解でどちらかが不正解ということはありませんがパッティングの方法を間違えると肌に負担を与える行為になりかねません。自分にあった正しいパッティング方法と肌ケアをマスターしましょう。

敏感肌向け化粧品ランキング